開催報告:第34回ほめゲーdeワクワク交流会in安曇野

2019年6月9日(日)に、安曇野市でほめゲーを開催しました。

今回は笑いヨガとのコラボでした。

 

最初の30分間、笑いヨガで体と表情をほぐした効果で、ほめゲーは大盛り上がり♪

初めての安曇野市開催でしたが大成功に終わりました。

 

コラボしてくださった五十嵐さん、ありがとうございました。

・安曇野かるみあラフタークラブ五十嵐さんのページはこちら:http://azumino-karumia.com/profile/

 

これからも色んな分野の方とコラボ企画ができたら良いなぁと感じました。

以下、参加者のみなさんの感想です。

 

なかなか他の人を見る?聞くという事がないけど、こんな事で相手の気持ちが変わるということがわかりました。

楽しい時間が過ごせ、これから相手(人)を見る目もいいほうに変わると思います。

時間を決められた中でお題について話すこと。話せなくても、その中からまた同じ時間内でほめること。

思った事、あ、ここすてきだな、すごいなってことは伝えていんだと、伝えないと時間がなくなっちゃうかも…とか思いました。

認められる事、共感してもらえる事がすごく嬉しいんだという気付きもいただきました。ありがとうございました。

家族以外の方々にほめられ、ほめるという行動をすることがあまりなかったので勉強になりました。

共感するという感情はとても大切だなぁと思いました。

今後の生活に今回のほめゲーを思い出し、いかせたらと思います。

普段、考えたことのない質問をされて40秒という限られ時間の中で答えをみつけて話すというのはなかなか難しかった。

このゲームを通して初めてあった人の話を40秒聞くだけで、ほめることができるのだから普段接している人のことはもっとほめられるはずだと思った。

「ほめる}という視点を持って、人と接していきたいと思います。

・普段使わない部分の頭を使ったので疲れました。

・同じ感想を持つのでも感じ方の入り口が違っていて、すごく勉強になりました。

・相手の内面をかいま見ることができて、相手との距離感がぐっとちぢまった感じがしました。

・もっと笑いあえるゲームだと良いなと思いました。

この人のいい所を見つけようと思って意識しながらいるのと、意識しないでなにげなく話を聞いているのでは大変な違いがある事にきづきました。

時間は沢山あるようで、実は時間の流れは一瞬一瞬とても早くて、どんどん流れていってしまうから一瞬でその人のいい所を見つけて一瞬でそれを伝えられる人になりたい。

ほめられること、ほめることってやっぱりうれしいことなんだなぁと実感しました。

自分を認める=ほめる ほめられる

少し意識するだけで、相手のいいなぁと思うところを見つけようとし、それができて相手と親密な関係を築くことができる。嬉しく楽しい時間を過ごせました。

今回2度めの参加でした。前回はまったく初めての方ばかりのところでしたが、今回は顔見知りのグループ。

でも、自分が思うその人のイメージは表面的なものだったり、私が勝手に思っているイメージだということに気づかされ新たな一面に出会えたことが嬉しかったです。

自分の大切なものや生き方、姿勢についてほめてもらえた時は嬉しかったです。